【ページ概要】ホロライブEnglishに所属する「七詩ムメイ」のMV版プロフィールページです。七詩ムメイの「オリジナル曲」「カバー曲」「#Shorts」をチェックすることができます。上部の箱(所属グループ)ボタンで箱を絞り込むこともできます。 (動画版のプロフ)
Home 七詩ムメイ (Nanashi Mumei)
七詩ムメイのヘッダー画像

MV版

🪶

七詩ムメイ (ななしむめい) (Mumei Nanashi) のプロフィール

七詩ムメイの写真
所属
 ホロライブEnglish (ホロライブプロダクション)
誕生日
 08月04日
初配信日
 2021年08月23日
YouTube Ch
  Nanashi Mumei Ch. hololive-EN
MV全体
  全 5 曲
オリジナル
  1曲 + 参加:0曲 (全 1 曲)
カバー
  2曲 + 参加:2曲 (全 4 曲)
#Shorts
  全 0 曲
Twitter
  @nanashimumei_en 
その他
  公式ページ
プロフ切替
  動画版プロフへ

Guardian of "Civilization"
「議会」の一角であり、人類の祟りより生まれし概念「文明」の守護者にあたる。
彼女は非常に博識で、旅を好む熟練な旅人である。だが目の当たりにしたもの、伝え聞いたもの、身で体験したものがあまりにも多く、彼女自分自身の名前でさえ忘れ去られてしまった。彼女は他の議員とは異色な存在、人間の誕生や存在証明であり、それこそが他の生命体や概念との差である。
「文明」とは、知恵を乞った生命体、人間が作りだしたものであり、人類が築き上げたものを指す。彼女自分は「神々」に作られた概念ではないがため、自ら今の姿を選び、人類が考えた賢明の代表動物である梟を見た目に取り組んでいる。彼女はとても優しく、賢い努力家。不思議ながら不憫で可憐な雰囲気が漂っている。
ーー長い年月の旅を一人でしていると彼女は多少寂しく感じていたそうだ。だから彼女は「文明」の中でも、人間にとっても役割がかなり重要な紙を選んで友達を作った。「ボロボロになっていても友達は友達・・・。」

Guardian of "Civilization"
A member of the Council and the Guardian of "Civilization," a concept crafted by mankind.
As a living embodiment of the sum of mankind's efforts—the mark that humans have left on the world—she is far removed from her fellow members, as well as other lifeforms. Due to not being created by the Gods, she was free to choose her own appearance, and decided to make herself owl-like, after the bird that symbolizes wisdom.
She is gentle, wise, and an unbelievably hard worker. As a well-traveled vagabond, she is blessed with a wealth of knowledge of the world. She has seen, heard, and experienced so many things that she has forgotten most of them, one of them being her own name.
For some reason, she seems to project a rather pitiable aura. Perhaps this is in part thanks to the loneliness she has often felt in her perennial travels. That is what gave her the idea of making her own friend out of a material that was indispensable to the development of human c

オリジナル曲 (1曲)

全体を表示する

カバー曲 (4曲)

全体を表示する

このページをSNSでシェア